AGAは治療できるって本当?

しかし決して薄毛は、治らない症状ではありません。

もし本当に薄毛を改善したいと思っている人は、AGA外来のあるクリニックに行ってみましょう。

薄毛治療を行っているクリニックに行くと、まずは検査が実施されます。

検査は、血液検査からDNA検査、問診といったように、幅広く実施されます。

そのうえで、各種抜け毛を食い止める治療薬が処方されることになります。

現在、AGAの治療でよく使われている医薬品として、プロペシアというものがあります。

また薄毛の人が、髪の毛を発毛させたいという場合には、ミノキシジルという医薬品が処方されることもあります。

ミノキシジルには、発毛を促進する効果があるといわれています。

AGAは男性ホルモンが影響して発症するのですが生活習慣や食生活も無関係ではありません。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体の維持には血流を良くすることが大切です。

髪に必要な栄養も血流によって運ばれてくるためAGA治療をしている人は血流を改善することが大切となります。

ストレスや冷え、運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙も血管を収縮させるため薄毛治療の妨げとなります。

頭皮が硬くなってしまったりうっ血してしまっている人は頭皮マッサージがおすすめです。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は全額自己負担になってしまいます。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の判断で設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品であっても価格差があり販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

また、処方箋を出してもらうためには診察を受けなければいけませんので再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質が大きな要因となるのは間違いありません。

AGA治療は進行を食い止める対症療法なので根本的に完治するものではないのです。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

とはいえ、AGA治療にも副作用が起りますから一生使い続けるのも心配があります。

ですので、ある程度の所まで薄毛が改善が確認できたらAGA治療を途中でやめるというのも1つの方法です。

AGAの治療を考えている人は市販されている育毛剤を使うよりも皮膚科の医師に診察してもらうことをおすすめします。

病院で処方してくれる薬は医薬品ですので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方薬は保険が適用されないため市販薬より高くなってしまいますが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことで一段と効果がアップするのでおすすめです。

規則正しい生活はもちろんのこと、ストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えてみてはいかがでしょう。

AGA治療は保険適用がない自由診療なので治療費は全額自己負担になります。

プロペシアは医師の処方箋が必要な医薬品なので1回あたり約3000円の診察料がかかります。

その上、プロペシアが1錠250円(万有製薬公式価格)ですから薬だけで1ヶ月7 500円かかりますので、合計で1ヶ月1万円以上の費用がかかります。

ミノキシジルは医薬部外品なので薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますがプロペシアと同額の7000円以上の費用がかかります。

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらい効果が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険適用外ですので、全額実費となりますが市販薬よりずっと効き目がありますのでおすすめです。

効果は高くても副作用が心配で...という人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する塗り薬と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは塗り薬の方だけとなっています。

AGA治療に本気で取り組む方は毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

毎日忙しくてファストフードやコンビニ弁当では偏った栄養バランスや塩分過多は血行不良の原因にもなります。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛もしっかり摂って抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれていますよ。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果も高いのでストレスの軽減にも効果的です。

引用:【AGA遺伝子検査の結果がキターー!!】その内容はいかに?

AGA治療に効果があるとされる薬品にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制する働きがあり育毛サイクルの乱れを改善してくれるという効果があります。

ミノキシジルは血管を拡げて血行を促進させる働きがあり発毛を促進する効果が期待できます。

ただ、どちらの薬も発毛剤として開発されたものではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として現在も使われています。

両者ともに、薄毛改善効果や発毛促進効果があることがわかったため現在ではAGA治療薬として認可されているのです。

AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて指示書や処方箋をもらわないと買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので薬剤師がいるドラッグストアで販売されています。

ミノキシジルには内服薬もありますが国内でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますが健康被害に遭っても自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGAは遺伝により大きな影響を受けますから根本治癒することはありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為現在の医療では完治することはありません。

従って、AGA治療を中断すると脱毛や薄毛は、再び進行してしまうのです。

しかしながら、AGA治療薬のプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

内服薬であるプロペシアでEDになる可能性もありますから結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛といった副作用を起こす可能性があります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が自分に合っていないのでは?と心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬が効き始めている証拠なので心配する必要は全くありません。

初期脱毛で抜けていく毛は薄毛の病気にかかっている不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくる準備が進んでいるということです。

初期脱毛は治療を開始してから1、2ヶ月期間と発症すると言われミノキシジルを使用した場合でもこういった副作用があります。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性で発症する例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあるとされていて治療薬には男性ホルモンを抑える薬を使います。

AGA治療薬にはプロペシアという薬が用いられますが、この薬はDHTの生成を抑制することで効果を発揮するというものです。

AGAが原因の脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGA治療薬として使われるプロペシアは医師に処方箋を書いてもらわなければ買う事ができません。

医薬品なので店頭に陳列されていることもなく保険適用外なので高価なことが難点でした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたので従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ成分を使って後発医薬品メーカーが作る薬の事です。

先発医薬品の有効成分を使って同じ効果と安全性を確保すればいいのですから、新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長が短くなってしまうことにより発症してします。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪質が細くなったり短い髪の毛ばかりが残って薄毛が目立っていきます。

AGA治療にはプロペシアという内服薬を使いDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

内服薬以外にはミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促し細胞分裂を活性化させる治療法もあります。

2つの方法で治療することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。

AGAとは具体的にどのようなものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤が生み出されてきました。

近年、ようやく医療機関で治療を受けられることが知られるようになりましたが自己負担診療となりますので、医療費の負担が大きくなるのは否めません。

それでも、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれますから市販されている薬よりも症状が改善する人はかなり増えました。

しかし、AGA治療とは対処療法ということになりますので、治療を中止してしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。