住宅ローンの金利と頭金とは

住宅ローンを使ってマイホームを購入する場合、もちろん頭金があればそれに越したことはありません。
さらに頭金の金額が多ければ多いほど、借り入れの金額を減らすことができます。
それはすなわき金利の支払い分を減らすことにつながりますので、最終的な総支払額の軽減にもなるのです。
しかしここで注意点があります。
住宅ローンを利用するために頭金を数年かかって貯蓄した場合、もしもその時点での金利が頭金を貯め始めたころよりも高くなってしまっていたら、その上昇分によってはせっかく貯めた頭金がムダになってしまうことがあるのです。
はじめの時点で固定金利を選んでいれば、その金利が長期続くわけですから。
住宅ローンにおいてはこうした想定外の事態がたびたび起こりますので、じゅうぶんに先を見通して計画を立てるようにしてください。
ソニー銀行住宅ローン諸費用は高い?シミュレーション分析【手数料は?】