光インターネットプロバイダってクーリングオフできるの?

もうすでにかなり長いことインターネットを使っていることになります。
光回線を契約するための会社も変えて何社かを渡り歩いてきました。
これまでの間に光回線を利用してきて回線の速度が遅いと思ったことは全くといって良いほどありませんでした。
動画を観るのも快適で、他の回線に戻ることは出来ないと思っています。
フレッツのクーリングオフをしたい際には、契約書面を受け取った日から1週間と1日以内であれば書類を用いることで無条件に申込みを無かったことにすることができます。
フレッツは契約を強いる勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいと考えている人も少ないとは言えません。
クーリングオフができない際には、解約のためにお金を支払ってでも解約したいと考える人もいます。
早いであろうと言われている光回線が安定しないわけの一つとして、光回線は、近隣住居やマンションの中などで回線を分配しているため、使用量が多い人の居る場所では重くなってしまうことがあります。
週末や夜などの決まっている時間帯にとりわけ遅くなり、安定しづらい場合はこのわけかもしれません。
ワイモバイルは毎月の維持費がどんなに少なくても3000円は下りませんが、2台以上持っている場合には、500円割引の特権があります。
その上、契約事務手数料や解約金がサービスされたりと、二台目以降の契約にメリットがあります。
よって、これからは、auやdocomo、softbankのキャリアに代わり、広まっていくと思われます。

光インターネットプロバイダの乗り換えって簡単?【手続きができる】