モビットのおまとめローンの審査ってどう?

モビットなどのキャッシングの使い道はそれぞれですが、日常的に活用する人もいれば、有事の際に一度だけ使うという人もいます。

特に後者の使い方をする人の中には、完済後に解約するのが当たり前だと思っている方もいるでしょう。

実際に解約する場合の手続きは簡単で、解約する旨を電話などで伝えて、解約手続きをしてカードを破棄すればOKです。

解約は、完済後時間が経ってからでもできますが、一度解約手続きを取ったのなら、再びキャッシングする場合は新規契約と同じ手順をとらなければなりません。

解約にもリスクがあることを覚えておきましょう。

今までに一度もキャッシングでお金を借りたことがないという場合でも、事故歴があると見られるケースがあります。

どのような場合にそうなるのかというと、利用しているクレジットカードや携帯電話料金の返済が間に合わず、滞納してしまった場合などです。

こうした事故歴は全て信用情報機関に残され、消えるまで最低でも5年はかかります。

ですので、はるか昔に一度滞納したことが要因になってキャッシングやローンの審査が通らなくなったという人も珍しい話ではないでしょう。

さまざまな料金支払いは、面倒になってつい後回しにしがちです。

でも、うっかり滞納したりすると、必要な時に融資が受けられなくなる可能性も有ります。

そうならないように、期日までに支払うよう、気を付けておきましょう。

私は個人事業主として数年前から生計を立てています。

収入は山あればその逆もありますね。

アクシデントで、ディスプレイに不備が出てしまったので、大至急、代わりを用意するため、選択肢としてキャッシングを考えています。

ローン審査は初体験なので、わからずにいるのですが、正社員とは違う労働形態でも利用できるでしょうか。

あちこちの会社からキャッシングをして、まとめたいケースは当然ながら出てきます。

そういった時はおまとめローンというものを使ってみてください。

このローンを使うことによって、いくつかある借金のたった一つにまとめることができるようになっています。

これは借金を返していくことが容易になる非常に良い方法です。

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは貸金業からの返済にだけ利用することができます。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

引用:SMBCモビットおまとめローン審査は?借金一本化は?【総量規制対象?】

モビットのおまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでバラバラな返済日を一括管理することができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので前向きに検討することをおすすめします。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

テレビCMでお馴染みのモビットにはおまとめローン専用のモビットおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(モビットおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。