住宅ローン借り換えおすすめ知りたい!審査基準で不利になる?

住宅ローン審査にはどのような基準があるものなのでしょうか。

もちろんそれぞれの金融機関で住宅ローン審査の基準は違ってきます。

また住宅ローン審査はまず申し込みする人となりを見られることが多いですが、プラス購入を考えている物件の両方が対象になります。

もちろん総合的に判断されて、住宅ローン審査はおりますので、誰でも通るかと言われればそうではありません。

また収入が多ければ必ず通るとも限りませんので、過去に何か延滞などないかどうかきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

またクレジットカードなどでリボ払い、分割払い、キャッシング等をしている場合にはそのような内容も審査対象になりますので、きちんと隠さず申し出ると良いでしょう。

もちろん審査内容にされますのでたくさん借り入れがあればあるほど住宅ローン審査に通らないことがあるでしょう。

1度組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが新築時にローンが組めたから借り換え審査も通ると楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査に通らない場合もあります。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通ることは多いようですが転職して年収が下がっているなどといった場合は要注意です。

また、年収や職場が変わっていなくても借り換え時には物件の担保評価が中古物件扱いになるので予定していた金額を借り入れることができない場合もあります。

他にはカードローンを新たに利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

住宅ローンを検討する際に重要なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単に行えることです。

なぜかというと繰上げ返済を早く進めれば進めるほど元本も利息もガンガン減っていきます。

結果として支払期間が短縮された期間の利息分少なくなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをインターネットで行えることや繰上げ返済額が一円以上からなのか1万円以上から可能なのかを確認して選びましょう。

最も気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が圧迫してしまうのは本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを検討するときも繰上げ返済は重要です。

住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういったケースになるかというと転勤することになって賃貸料と二重になってキツイので、金利が低くなったから借り換えをして支払額を少しでも抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身・家族の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、いろいろな金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

他にも離婚が原因で別居する際なども同様のことが言えます。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えをしたことがありますか?大半の人は行ったことはないはずです。

ここではローンの借り換えの流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローンを再確認です。

銀行機関の多くでHPに設置されている借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額をシミュレーションしてみましょう。

シミュレーション後は借入銀行探しです。

金利以外にも保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

自分に合う銀行が見つかったら次は仮審査です。

仮審査で複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを初めて組む際に心配なのが「現在自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば利用可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めているので車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫します。

当然ですが、自動車ローンの返済を滞納していたりすると他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、現在の自動車ローンがあるので住宅ローンを組めない場合に提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

家計の悩みになりがちな住宅ローンの返済ですが現在組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいと思っている人もいますよね。

変える際、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記などいろいろな費用が発生しますので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

そのため、WEB上の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えを行う判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上になった時です。

月々のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

では、その場合、今までの火災保険は継続できるのでしょうか。

現在借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間の住宅ローンへ借り換える際に他の保険に加入することもできます。

参照:住宅ローン借り換えのランキング!【お得なおすすめ銀行は?】

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

その理由としては、火災保険は契約後にあまり見直しなどを行う人が少ないので火災保険は契約したらほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

住宅ローンが生活費を圧迫しているという人の中には住宅ローン借り換えを行なって利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その場合、新しい住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

どういったメリットで選ぶかを具体的に考えましょう。

ひとつは保証料が必要ないことです。

例えば繰上げ返済を行う際にネットからできる、例えば3000万円を30年ローンで返済する場合、保証料だけで60万円以上かかる計算になります。

また、一番のメリットと言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

少しでも返済が勧めやすいように繰上げ返済手数料が無料なローンを選びたいですね。

夢のマイホームを購入する時、大半の人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月のローンの返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えをして利息を減らすことです。

ただ借り換えのメリットを受けたいということを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行ごとにシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていて結果的にあまり得にならなかったということもあります。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記なども行う必要があります。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が行いますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関が指定する司法書士を選ぶことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

申し込みが通ったほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短での経過日数はわかりませんが半年からメリットがある場合もあります。

例えば、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なく続けている方という項目があります。

他の銀行もほとんど同じ審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも金利が下がっている場合はメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。

住宅ローンを組んでいる方にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行う場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付されます。

借り換え時に重要なことが控除のメリットをフルに受けられるようにすることです。

控除をフルに利用するには、返済期間を10年以上にすることやローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

ローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなります。

最近、インターネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が発生するかというと最初にローンを組んだ時に不動産の持分を夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているので借り換え時に単独名義になる時に発生します。

こういった場合の単独債務での借り換えには金利以外の贈与税などが発生する可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの諸費用と贈与税の負担を比べて借り換えを行わないほうがいい場合もあります。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を利用するには勤め先で年末調整をしていた方でも、最寄りの税務署へ行って確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので早くから準備を始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、借り換え目的が当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上残っているかという点です。

基本的に借り換えを行う目的は借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況がそんなに変わっていなければ適用されることが多いです。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、行う際にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットを十分に把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を抑えられることなどが挙げられますが基本的に金利が低くなっているのは変動型なので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先のローンが保証料がかかるかかからないか、繰上げ返済が簡単かなど自分に合ったローン選びをする必要があります。